ネクストハウス 株式会社考建

省エネ

省エネ住宅は「選ぶ」のではなく「当たり前」になる
2030年に義務化される省エネ基準に適合した
高気密・高断熱・高遮熱仕様

2030年以降は省エネ基準をクリアした家しか建てられない

ネクストハウスは未来の基準に先行して適合した住まいをお届けします

ネクストハウスでは、建物全体を断熱性の高い構造で包み込む工法を採用しています。
外壁は屋外の熱を伝えにくい外壁通気工法と断熱材・石膏ボードを組み合わせ、熱のこもりやすい
小屋裏には断熱材・石膏ボード、床下には断熱性と通気性に優れたポリスチレンフォームをそれぞれ採用。
きめ細かな配慮で高い気密性・断熱性を達成しています。
また、太陽光発電システムをはじめ、ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)や
リチウムイオン蓄電システムなど、多岐にわたる先進技術を活用。国のエネルギー政策を先取りし、
「ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」にも対応する住まいづくりを進めています。

未来の省エネ基準に対応する高気密・高断熱の住まい

最新テクノロジーを搭載したインテリア断熱サッシ

ネクストハウスでは、省エネ基準をクリアして、結露防止に効果を
発揮する「インテリア断熱サッシ」を装備することで、建物の気密性を高め熱損失を抑えています。
外壁の開口部(サッシ)は、気密性・断熱性を考える上で重要なポイント。
ネクストハウスのサッシは、先進技術が織り成す強力なシナジー効果により、
最高水準の断熱性能と高いデザイン性を実現しています。

一次エネルギー使用量を削減する[自然エネルギー活用システム] ※オプション

HEMS・太陽光発電・蓄電池を導入した全体構成概略図

環境にも家計にも優しい「太陽光発電」

気密性や断熱性を高めてエネルギー消費を抑えると同時に、自然エネルギーを上手に利用することで、一次エネルギー消費量をゼロに近づけることができます。
例えば、太陽光発電。昼間、太陽の熱で発電した電気を家庭内で利用し、余った分を電力会社に売電することができます。エネルギーを効率よく利用しながら、光熱費も大幅に軽減します。

電力を蓄えて使う「リチウムイオン蓄電システム」

さらに最新技術を組み合わせることで、エネルギーをより効率的に活用できます。リチウムイオン蓄電システムは、太陽光発電による電力や、お得な深夜電力を蓄えておいて、必要なときに活用。電気をより賢く使いこなすシステムです。

住宅内の電力の流れを賢く制御する「HEMS」

地球環境も考慮しながら、電力エネルギーと賢く付き合っていくには、「消費する」と「創る・蓄える」を賢く組み合わせて運用することが大切なポイントです。HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)は、住宅のエネルギーを効率的に管理する最新技術。
リアルタイムで電力の使用状況を”見える化”しながら、余分な創電分を売電したり、蓄電システムに蓄えた電力を昼間の電力ピーク時に利用したり、エネルギーの流れを制御します。また、災害時や停電時には、住宅内の非常用コンセントに電力を供給するなど、安心の暮らしをサポートします。